英会話教材で英会話ペラペラ術

英会話教材の魅力

英会話が多くの社会人に求められる時代、英会話教材も進化を続けています。そんな進化し続ける英会話教材の魅力とはどんなことがあるでしょうか?

 

高速学習教材

○○日間で、英語が話せるようになる!という教材をよく目にするかもしれません。その中のどれもがいい教材というわけではありません。ただ、CDを聞き流すような教材では、英語は話せるようにはなりません。
最近の英語教材は、暗記を目的として聞き流しをするものがあります。英会話で使われるフレーズを何個か収録して、それを聞き流しながら覚えているというものです。CDはネイティブが普通のスピードで吹き込んでいるので、はじめは早く感じたとしても繰り返し聞いているならば、それが普通のスピードに聞こえてきます。また、英語は応用が効きますので、たとえ覚えられるフレーズがその教材に入っているものだけかも知れませんが、違う単語などを使うことでバリエーションは無限に増やすことができるのです。

 

発音教材

日本人の多くは、文法などはよくできる傾向にあります。でも、なぜ話が通じないか、英会話ができないのか?というと、それは発音が悪いからです。学校の先生も正しく発音できていないので、これは仕方がないのかも知れませんが、それでも本気で英会話を行いたい人にとっては発音はとても大事です。
そこで、使える教材はABCのアルファベットから、発音を見直すという超基本的なものです。でも、この基本ができていないことが多いのです。アルファベットそれぞれをきちんと発音できていなければ、正しい発音になるわけがありません。もちろん中には意識しなくても発音できるものもあります。しかし、難しい発音のものをしっかりと学ぶことで、発音は確実によくなります。たとえば、AppleのAとDuckのU。このどちらともアの発音と思っていませんか?実は同じアでも違うアなのです。Apple のAは口を横に大きく開いてアと発音します。どちらかというとアとエの中間のような音です。Duckのア、つまりUですが、こちらは口をどちらかというと縦に開きアと発音します。
細かなことですが、似たスペルではどちらのことを言っているのかわからないことがあります。しっかりと学ぶ必要があります。

 

 

日本人には日本人にあった英会話の勉強法があります。しっかりと自分の弱点を矯正してくれるものを選びましょう。また、購入前にはネットなどしっかりと事前調査をしてどんな教材がいいのか?という情報を得ましょう。あなたが英会話を勉強するならオンライン英会話?英会話教材?